技術士を知ろう

技術士二次試験の概要 受験申込書、筆記試験、口頭試験をざっくり説明

技術士という資格は知っているが、試験がどんな形式か把握したい方はいると思います。

ここでは技術士二次試験の試験全般について、概要(受験申込書、筆記試験、口頭試験)を説明します。

こんな方に読んで欲しい

技術士二次試験の試験全般について、内容を簡単に把握したい

受験申込書、筆記試験、口頭試験がどんなものか全く知らないので知りたい

【受験申込書】
✔4月に提出し、主に業務経歴を記載する
✔口頭試験の合否審査に含まれる

【筆記試験】
✔600字原稿用紙を1日で9枚書き上げる
✔合格率は15%程度と非常に難関
✔7月に試験が有り、合格発表は10月下旬

【口頭試験】
✔20分間、複数人の面接官から面接を受ける
✔合格率は80%程度と高め
✔12月~1月に試験があり、筆記試験の合格者のみ受験する

▼受験申込書について対策も含め詳しく知りたい方はこちら
技術士二次試験 申込書の書き方のコツ これが口頭試験の合否を分ける>>

▼筆記試験について対策も含め詳しく知りたい方はこちら
技術士二次試験の過去問 解答例の紹介【まとめ】>>

▼口頭試験について対策も含め詳しく知りたい方はこちら
技術士二次試験 口頭試験の対策と勉強方法【まとめ】>>

それ以前に技術士という資格の概要が気になる方は、まずこちらの記事を読んで下さい。

技術士とは?どんな風に活躍してる?概要や二次試験の難易度、合格率、メリットやデメリットについて(1)技術士の概要と試験の難易度→技術系の国家資格で、公認会計士と同程度の高難易度 (2)技術士取得のメリットデメリット→特典は有るが資格自身の効力は限定的。しかし試験勉強の過程で仕事力が向上する。...

1.受験申込書

実は、受験申込書を提出する時点で、技術士二次試験の審査が始まっています

受験申込書の内容は、大きく以下の通りです。

受験申込書の中身

①住所や生年月日、受験科目などの基本情報

②技術士二次試験を受験する資格の証明(一次試験の合格証など)

実務経験証明書
→口頭試験での審査対象

業務内容の詳細
→口頭試験での審査対象

受験申込書は4月の限られた間のみ、日本技術士会のホームページから入手可能です。

参考のために、私が記入した受験申込書を、開示可能な範囲で貼り付けます。

①住所や生年月日、受験科目などの基本情報

「試験科目」は後から変更できないので注意してください。

都道府県コードや勤務先コードは受験申込書に説明がありましたので、それほど困らないと思います。

②技術士二次試験を受験する資格の証明(一次試験の合格証など)

技術士二次試験を受験する資格を証明します。

大学院を修了していると、③に該当する事が有りますが、全ての大学・学科が対象ではありません。

③の該当確認は、日本技術士会のこちらのページからご確認ください。

次のいずれかが必要(必須)です

①技術士第一次試験合格証明書
②技術士補登録番号及び登録年月日
文部科学大臣が指定した大学、その他の教育機関における過程及び当該過程の修了年月

③実務経験証明書

続いて実務経験証明書です。口頭試験で経歴を

④業務内容の詳細

2.筆記試験

筆記試験は「記述形式」です。

600字の原稿用紙を複数枚一気に書き上げます。

正直、時間との戦いです。筆記に慣れていないと、手が痛くて記述が追いつきません。

①筆記試験の実施方法

②筆記試験の合格基準

合格基準は、日本技術士会のホームページから引用します。

得点率にして、60%以上と覚えてOKです。

引用元:日本技術士会HP

3.口頭試験

①口頭試験の実施方法

① 口頭試験は、筆記試験の合格者に対してのみ行う。

② 口頭試験は、技術士としての適格性を判定することに主眼をおき、筆記試験における記述式問題の答案及び業務経歴を踏まえ実施するものとし、筆記試験の繰り返しにならないよう留意する。

③ 試問事項及び試問時間は、次のとおりとする。なお、試問時間を10分程度延長することを可能とするなど受験者の能力を十分確認できるよう留意する。

令和3年度技術士第二次試験実施大綱から引用
引用元:日本技術士会HP

②合格基準

日本技術士会のホームページから以下の通り引用します。

得点率にして60%以上です。

引用元:日本技術士会HP

4.まとめ

本記事のポイントは以下の通りです。

【受験申込書】
✔4月に提出し、主に業務経歴を記載する
✔口頭試験の合否審査に含まれる

【筆記試験】
✔600字原稿用紙を1日で9枚書き上げる
✔合格率は15%程度と非常に難関
✔7月に試験が有り、合格発表は10月下旬

【口頭試験】
✔20分間、複数人の面接官から面接を受ける
✔合格率は80%程度と高め
✔12月~1月に試験があり、筆記試験の合格者のみ受験する

この記事を読み終えたら、次はいよいよ技術士の核心部分、「コンピテンシー」について学びましょう。

筆記試験や口頭試験で「何を見られているか」を知る重大なヒントです。

技術士に求められる資質「コンピテンシー」はこちらの記事にて説明します。

技術士に求められる資質「コンピテンシー」とは何か?筆記試験や口頭試験で問われるコンピテンシーを解説し詳細を説明します・そもそも技術士に求められる資質「コンピテンシー」って何?  1.専門的学識  2.問題解決  3.マネジメント  4.評価  5.コミュニケーション  6.リーダーシップ  7.技術者倫理  8.継続研さん ...
ABOUT ME
takeyuu
倹約投資家サラリーマンパパ33歳。ずっとニコニコ円満家庭が目標。 機械/電気で技術士一次試験合格。 機械で技術士二次試験不合格するも、合格を目指し情報発信中。 (令和2年の結果 問Ⅰ:A、問Ⅱ:C、問Ⅲ:A)