技術士のおすすめ通信講座8つを比較【筆記合格者が厳選】

  • URLをコピーしました!
こんな悩みを解決します!

通信講座で効率よく技術士に合格したい!けれど通信講座は種類が多くてどれを選んだら良いか分からない…

安さで選んだ結果、質の悪い講座をつかむのが怖い。実際に通信講座を受けた人のおすすめを知りたい!

この記事では、実際に通信講座で勉強して技術士筆記試験を合格(令和4年度)した私が、おすすめの通信講座を紹介します。

▼通信講座比較表

講座名費用主な特徴
\69,300添削10回
8時間超の動画
\65,780コンパクトな教材、
合格者は全額返金
新技術開発センター:オンライン講義プレミアムコース\69,30040年以上の歴史があり、
講座種類が豊富
\12,980テキストと動画講義が
セットで低価格
「専門科目」\40,700 (機械/電気)
「基礎科目・適性科目」\22,000
レポート提出を通じて
効果的に学習
SAT:2次試験パーフェクト講座\141,680添削15回
個別指導6回×講師力
JES:二次試験スタンダードコース\178,100ダントツの合格率
(筆記50~70%)
技術士Lock-on:二次試験添削12回コース\121,000添削は36時間以内
で迅速に対応
技術士通信講座ベスト8
講座名費用主な特徴
\69,300添削10回
8時間超の動画
\65,780コンパクトな教材、
合格者は全額返金
新技術開発センター:オンライン講義プレミアムコース\69,30040年以上の歴史があり、
講座種類が豊富
\12,980テキストと動画講義が
セットで低価格
「専門科目」\40,700 (機械/電気)
「基礎科目・適性科目」\22,000
レポート提出を通じて
効果的に学習
SAT:2次試験パーフェクト講座\141,680添削15回
個別指導6回×講師力
JES:二次試験スタンダードコース\178,100ダントツの合格率
(筆記50~70%)
技術士Lock-on:二次試験添削12回コース\121,000添削は36時間以内
で迅速に対応
技術士通信講座ベスト8

※情報は2022年10月29日時点
※合格を目指す標準的なプランで比較

この記事を書いた人

>技術士一次 機械/電気で合格
>技術士二次 令和4年度 筆記合格
>技術士講座で試した講座は6社
>記事コンテストで銅賞獲得

Twitter公式アカウント>>
プロフィール詳細>>

ブロガー
たけゆう

結論から言うと、「」が最もおすすめです。人によっては「」と「新技術開発センター」も合うと思います。

目次

【厳選】技術士の通信講座おすすめ3選

実際に私が経験した技術士講座の中から、本当に良いと感じたベスト3を紹介します。

以下3つの講座なら、「価格」「教材」「添削などのサポート」の点で優れており、自信を持っておすすめできます。

本当におすすめできる通信講座3つ

① 初学者でも一発で合格したいなら

② 合格に自信があって全額返金を狙うなら

③ 創業40年以上の安心感が欲しいなら新技術開発センター

順位
講座新技術開発センターのロゴ(引用)
講座内容動画、テキスト
添削10回
質問カード
動画、テキスト
添削8回
模擬口頭
動画、テキスト
添削6回
質問可能
メリット動画が充実
時間節約!
返金制度が充実
模擬口頭が良い
創業40年以上
信頼できる
デメリットコース完了まで
時間が掛かる
情報量が少なく
本を併用したい
口頭は別料金
動画公開が遅い
価格税込69,300円税込65,780円税込69,300円
公式HP公式ページ
詳細記事詳細記事詳細記事詳細記事
技術士講座ベスト3比較表
順位
講座新技術開発センターのロゴ(引用)
講座内容動画、テキスト
添削10回
質問カード
動画、テキスト
添削8回
模擬口頭
動画、テキスト
添削6回
質問可能
メリット動画が充実
時間節約!
返金制度が充実
模擬口頭が良い
創業40年以上
信頼できる
デメリットコース完了まで
時間が掛かる
情報量が少なく
本を併用したい
口頭は別料金
動画公開が遅い
価格税込69,300円税込65,780円税込69,300円
公式HP公式ページ
詳細記事詳細記事詳細記事詳細記事
技術士講座ベスト3比較表

第1位:スタディング

は2008年に中小企業診断士の通信講座から始まりました。

技術士講座は2017年に開講しており、他の資格と合わせて受講者が16万人を超える実績を持ちます。

スタディングの最大の特徴は、講座として漏れが無く完成度が高いのに、お手頃価格という点です。

評価項目評価点コメント
価格 ★★★★☆税込69,300円 (添削など全セット)
税込29,700円 (講座・テキストのみ)
教材 ★★★★★ 8時間以上の動画レッスン【充実】
動画レッスンを網羅したテキスト
実績/信頼性 ★★★★☆ 受講者14万人を超える実績
東証マザーズ上場企業運営で安心
サポート ★★★★★10回分の添削課題【充実】
クイズ形式の問題集と質問カード
スタディング技術士講座の満足度
評価項目評価点コメント
価格 ★★★★☆税込69,300円 (添削等全セット)
合格祝い金で1万円返金
教材 ★★★★★ 8時間以上の動画レッスン
動画を完全に補うテキスト
実績/信頼性 ★★★★☆ 受講者16万人超の実績
上場企業運営で安心!
サポート ★★★★★10回分の添削課題が充実
問題集と質問カードあり
スタディング技術士講座の満足度

① 講座の質が高い上にボリューム感も丁度いので、時間を大幅に節約できる
② 添削は10回、質問カード1回も利用でき、答案に納得いくまでPDCAを回せる
③ 料金が安価¥69,300で、合格時に一部返金のあるため、懐に優しい

① 対面形式の授業は無いので、刺激を受けにくく、やる気維持に工夫が必要
② 受講者の合格率が公表されておらず、受講さえすれば合格という強烈サポートは無い

受験申込書の添削として、合計2568文字に渡り、丁寧に指導してもらえました。

受験申込書の添削結果 (studying)

回り道をせず、最短で結果を出したい人には、圧倒的におすすめです。

スタディングのキャンペーン情報

現在スタディングでは、11,000円OFFのキャンペーンを実施しています。

技術士二次試験合格コースが、通常価格69,300円のところ、58,300円です。

技術士二次試験 総合技術監理部門コースが、通常価格59,400円のところ、48,400円です。

キャンペーンは1/31まで。お得な今の時期に勉強をスタートさせましょう。

スタディングのクーポン入手方法

現在スタディングでは、全商品15%OFFクーポンを用意しています。

1月31日まで、15%OFFのクーポンを手に入れることができます。

クーポン取得方法

スタディングの会員登録を行えば、全員取得できます。

3分あれば登録可能ですので、サクッと15%OFFをGETしちゃいましょう。

すでに会員登録済の方は、クーポン付与済です

スタディングのクーポン使用方法

STEP
購入ページへ

購入したい講座が決まったら、通常通りご希望の商品ページで「ご購入ページへ」ボタンをクリックします。

STEP
注文確認ページへ

画面に沿って支払方法の選択などの手続きを進め、最後に表示される、「ご注文の確認」画面を表示します。

STEP
クーポンを選ぶ

利用したいクーポンを選択します。これにより、クーポン割引が適用されます。

クーポンを適用して割引された例

第2位:アガルート(二次試験)

は2015年から講座の販売を開始し、2021年の1月より技術士二次試験の講座を開講しました。

そのため受講者数や合格率などの実績は無い反面、返金制度が素晴らしく、受講料の安さが最大の魅力です。

マルチデバイス・マルチプレイスに対応した教材は、コンパクトでノウハウが凝縮されています。

評価項目評価点コメント
価格 ★★★★★税込69,300円 (添削など全セット)
合格時は全額返金&3万円進呈
教材 ★★★★☆ 合計5時間の動画とテキスト
口頭試験の再現動画はありがたい
実績/信頼性 ★★☆☆☆ 2021年に開講
実績はこれから
サポート ★★★★★8回分の添削【コメント豊富】
模擬口頭試験(オンラインで1回)
アガルート技術士講座の満足度
評価項目評価点コメント
価格 ★★★★★税込65,780円 (添削等全セット)
合格時は全額返金&3万円進呈
添削の量 ★★★☆☆ 添削8回セット
模擬口頭試験も1回有り
添削の手厚さ ★★★★★ どんな答案にも丁寧な添削
視点別のABC評価と評価理由
信頼性 ★★★☆☆2021年に開講
実績はこれから
アガルート技術士講座の添削満足度

① マルチデバイス、マルチプレイスで良質な講座を受け、時間を節約できる

② 合格時に全額返金のある他、割引制度が充実しており、懐に本当に優しい

③ 8回の添削に加えて模擬口頭試験が良く、答案に納得いくまでPDCAを回せる

① 対面形式の授業は模擬口頭試験のみ。刺激を受けにくく、やる気維持に工夫が必要。

② 2021年に新設の講座なので、実績はこれから。そのため格安の料金設定が魅力。

合格時の全額返金制度が強力なので、合格する自信がある人はがおすすめです!

見やすく手厚い添削が受けたい人にも、アガルートをおすすめできます。

アガルートの添削例2(技術士講座)

第3位:新技術開発センター

新技術開発センターは昭和43年に設立以来、40年以上の歴史と、20万人以上の受講者実績があります。

テキストは長年のノウハウが凝縮されており「共通テキスト」と「部門別テキスト」2冊が貰えます。

新技術開発センターの最大の特徴は、コスパに優れる多数の講座をラインナップしている点です。

評価項目評価点コメント
価格 ★★★★☆税込69,300円 (添削など全セット)
教育訓練給付金で20%OFFも狙える
教材 ★★★★★動画講義と200ページ超のテキスト
部門別テキストも充実
実績/信頼性 ★★★★☆40年の歴史があり講座種類が豊富
老舗の安心感がある
サポート ★★★☆☆6回分の添削【詳細コメント有】
口頭試験対策は別料金
新技術開発センター 技術士講座の満足度
評価項目評価点コメント
価格 ★★★★☆税込69,300円 (添削等全セット)
教育訓練給付金で20%引き可
教材 ★★★★★動画講義と充実のテキスト
部門別テキストも死角なし
実績/信頼性 ★★★★☆講座種類が豊富
40年超の老舗の安心感がある
サポート ★★★☆☆6回分の添削 (詳細コメント有)
口頭試験対策は別料金
新技術開発センター 技術士講座の満足度

① 完成度の高いテキストと良質な動画講座を受け、時間を節約できる

② 多数の一流講師を揃えており、各部門テキストや添削に安心感がある

③ 講義内容に関する質問をメールで問い合わせられるため、納得いくまで学習可能

① 動画講座の配信は3月からであり、短期間で集中して取り組む必要がある

② 模擬口頭試験は講座に含まれないため、テキストと動画のみで口頭試験対策が必要

部門別のテキストが配布されるのは、ベスト3でここだけ。紙テキストにこだわる人におすすめです。

以上、技術士講座を受けた私が厳選したおすすめ通信講座3つでした。

おすすめ3つを比較した表もあるので、参考にしてください。

順位
講座新技術開発センターのロゴ(引用)
講座内容動画、テキスト
添削10回
質問カード
動画、テキスト
添削8回
模擬口頭
動画、テキスト
添削6回
質問可能
メリット動画が充実
時間節約!
返金制度が充実
模擬口頭が良い
創業40年以上
信頼できる
デメリットコース完了まで
時間が掛かる
情報量が少なく
本を併用したい
口頭は別料金
動画公開が遅い
価格税込69,300円税込65,780円税込69,300円
公式HP公式ページ
詳細記事詳細記事詳細記事詳細記事
技術士講座ベスト3比較表
順位
講座新技術開発センターのロゴ(引用)
講座内容動画、テキスト
添削10回
質問カード
動画、テキスト
添削8回
模擬口頭
動画、テキスト
添削6回
質問可能
メリット動画が充実
時間節約!
返金制度が充実
模擬口頭が良い
創業40年以上
信頼できる
デメリットコース完了まで
時間が掛かる
情報量が少なく
本を併用したい
口頭は別料金
動画公開が遅い
価格税込69,300円税込65,780円税込69,300円
公式HP公式ページ
詳細記事詳細記事詳細記事詳細記事
技術士講座ベスト3比較表

その他の主な技術士通信講座

ここからは、その他の技術士通信講座を紹介します。

先ほど紹介したスタディング、アガルート(二次試験)、新技術開発センターほどおすすめではありませんが、それぞれの講座で良さがあります。

第4位:アガルート(一次試験)

第2位で紹介したアガルートは、一次試験の対策講座も展開しています。

一次試験から二次試験へステップアップすることで、二次試験講座を10%OFFでお得に受講できます。

が掲載されているので、ちょっと覗いて自分に合えばラッキー。

第5位:JTEX

JTEXは、職業能力開発促進法第31条の職業訓練法人で、一次試験に対応しています。

アガルートと比べて少し値は張りますが、レポート課題が4回付いて22,000円なら許容範囲内です。

機械部門と電気部門のみ、専門科目に対応しているため、イチから勉強したい人にも親切なラインナップです。

第6位:SAT

✔「要点」だけを抑えたコンパクトな教材
✔30日返金保証あり\141,680
✔不合格時のサポート期間延長保証あり
✔添削15回、Zoom指導6回でサポート万全

公式ページ>>

SATは2013年に設立した比較的新しい会社で、技術士講座の実績もこれからです。

ランキング上位3社と比べると値段は張りますが、その分充実した添削とZoom指導を受けられます。

講師力・フォロー制度・要点を抑えたテキスト・続けられる仕組み・保証制度が充実しています。

第7位:JES

✔合格率がダントツ(筆記50~70%)
✔徹底したフォローで合格まで導きます
✔添削サポートは無制限、個別面談も徹底
✔料金は紹介した中では最高の¥178,100

公式ページ>>

JESは昭和50年から技術士受験指導を開始しており、ノウハウと高い合格率が最大の魅力です。

添削や個別面談で手厚いフォローを受けられる反面、料金は今回紹介した中で最高価格です。

厳しい環境に追い込んで、今年必ず合格したいと考える方にオススメしたい講座です。

第8位:技術士Lock-on

✔8時間以上の充実した動画講座
✔チャットワークで1対1を重視
✔原則36時間以内に添削を返却
✔隙の無い充実した内容で¥121,000

公式ページ>>

技術士 Lock-onは、匠習作先生(兼スタディング講師)が代表を務める、技術士講座です。

平成25年より講座をスタートし、近年は1年に約100名の受講生を抱えています。

添削17回とチャットワークでフォローも手厚く、予算が許せばオススメの講座です。

技術士通信講座を比較するポイント

ここでは、通信講座を初めて受講する人が選ぶポイントを解説します。私が紹介した厳選講座3つは、これから解説するポイントを全て満たしているのでご安心ください。

通信講座を比較するポイントは、価格教材サポート

価格(割引・返金制度を含む)

通信講座は、10万円以内におさまるものから選びましょう。

なぜなら、技術士の合格には2~5年かかる場合が多く、想定以上に出費が大きくなるからです。

安くても、品質が確かな技術士通信講座は多いです。10万円以内の講座を選んで、お金を失うリスクを抑えましょう。

再受講割が強く、追加添削も安いが最もおすすめです。合格時の全額返金がある、教育訓練給付金で20%返金の新技術開発センターもおすすめです。

教材(量と質)

2つ目のポイントは、教材の量と質です。具体的には、次の観点で比べると良いでしょう。

  • 図解が多く受験者に親切か
  • テキストの文章は読みやすいか
  • 講師の話し方や音声に不満な点はないか
  • 動画は短編(8分程度)でスキマ時間に活用できるか
  • 技術士のキーワード集は付属しているか
  • テスト機能で効果的に復習できるか

スタディングは、上の点をすべて満たしています。詳しくはスタディングのレビュー記事をご覧ください。

サポート(添削の量や手厚さ、質問対応)

3つ目のポイントは、サポートです。具体的には、次の観点で比べると良いでしょう。

  • 添削の量は少なくとも10回以上受けられるか
  • 添削は説明が分かりやすく的確か
  • 講師に質問できるか(料金・回数・回答の質)
  • 不合格時のフォローはあるか(再受講割引など)

技術士は論文形式なので、自分の答案に自信が持てない日が続くでしょう。そんな時に、添削の力はあまりにも強大です。私が令和4年度の筆記を突破できたのも添削のおかげです。

添削は、以下のベスト3比較表でくわしく比較しています。ご自身にあった講座を選んでください。

順位
添削講座新技術開発センターのロゴ(引用)
添削内容添削10回
追加添削も可能
添削8回(追加可)
模擬口頭1回
添削6回(追加可)
質問可能
メリットC答案に手厚い
充実の教材
返金制度が充実
丁寧な添削
創業40年以上
信頼できる
デメリット合格答案への
コメントは控えめ
情報量が少なく
本を併用したい
口頭は別料金
動画公開が遅い
価格税込69,300円税込65,780円税込69,300円
公式HP公式ページ
詳細記事詳細記事詳細記事詳細記事
技術士講座ベスト3比較表
順位
添削講座新技術開発センターのロゴ(引用)
添削内容添削10回
追加添削も可能
添削8回(追加可)
模擬口頭1回
添削6回(追加可)
質問可能
メリットC答案に手厚い
充実の教材
返金制度が充実
丁寧な添削
創業40年以上
信頼できる
デメリット合格答案への
コメントは控えめ
情報量が少なく
本を併用したい
口頭は別料金
動画公開が遅い
価格税込69,300円税込65,780円税込69,300円
公式HP公式ページ
詳細記事詳細記事詳細記事詳細記事
技術士講座ベスト3比較表

技術士通信講座のメリット3つ

電機メーカで毎日働き家事育児にも追われながら、なんとか筆記合格できた私から、受験生の皆さまに一つだけアドバイスするなら

勉強方法は通信講座がベストです。

私はほぼ独学で3回不合格となり、4回目で思い切って通信講座を買い筆記合格しました。通信講座の選択は間違いなくベストでした。

ここからは、通信講座で勉強するメリットをお話しします。

通信講座で勉強する3つのメリット

いつでもどこでも勉強できる

ムダな勉強をしなくて済む

費用が安く添削をたくさん受けられる

いつでもどこでも勉強できる

通信講座のメリットは、自分でスケジュールをコントロールできる点です。

セミナーだと、授業の日程が決まっていて、そこにスケジュールを合わせる必要があります。

しかし、実際は次のような事態が発生するのが想定されます。

プロジェクトが佳境を迎えて忙しい
急な体調不良に見舞われた
子供が熱をだした

添削課題も、期限だからと完成度50%で出し続けては、いつまでも力が付きません。

自分が納得いくまで添削答案を書けるペース(私は週一)を見つけて、自分のペースで勉強することが合格の近道です。

ムダな勉強をしなくて済む

2つ目のメリットは、ムダな勉強をしなくて済む点です。

なぜなら、通信講座ではコストカットのため、頻出テーマに絞った教材が作られるからです。

収集すべき情報は最小限にとどめ、本当に大切な答案添削に注力できるのが、通信講座の強みです。

費用が安く添削をたくさん受けられる

3つ目のメリットは、費用が安くて添削をたくさん受けられる点です。

セミナーで添削を受けようとすると、10回の添削を受けるのに10万円以上は当たり前となります。

通信講座では、教室などの固定費や講師の人件費が安く済むため、その分添削を多く受けられます。

技術士二次試験を突破するためには、次の図のとおりⅠで3回、Ⅱで4回、Ⅲで3回の計10回は欲しいです。

DX推進や脱炭素、災害対策、BCPなど様々なテーマに合った論文作成に、多くの添削は必須!

通信講座で費用を抑え、追加添削のための予算を余らせておきましょう。

まとめ:技術士で最もおすすめな通信講座はスタディング

本記事では、技術士のおすすめ通信講座を紹介してきました。最後にベスト3の通信講座をおさらいします。

技術士通信講座のベスト3

今日から勉強を始めた人が、最も合格率が高い人です。本当に技術士に合格したければ、今日から勉強をはじめましょう!

少しきびしい言い方ですが、「いつか勉強しよう」と考えていては、一生難関試験に合格できません。

スタディングは無料体験ができるので、5分後には勉強をスタートできます。合格への一歩を今日からはじめてみましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次