技術士を知ろう

技術士二次試験対策【準備編】コンピテンシー、出題形式の理解、キーワード抽出、論文作成、白書理解

こんにちは。たけゆうです。

技術士二次試験を受験しようと考えているけれど、何から勉強して良いか分からない。

過去問見たけど、採点基準が分からないので、どうやって勉強を進めて良いか検討も付かない。

そんな方に読んで頂きたいまとめ記事となっています。

技術士二次試験対策の始め方

(1)技術士に求められる資質「コンピテンシー」をおさらい
→「専問マ評コリ技継」です。ピンと来なければ復習しましょう。

(2)論文作成の超基礎を押さえる
→これから勉強を始めるに当たっての心構えを解説します。

(3)出題形式対策を簡単に把握する
→各問の解説記事を見て、把握しましょう。

(4)キーワードを洗い出し、自分の製品と結びつける ※記事作成中
→具体的なやり方を丁寧に紹介します。

(5)過去問の回答パターンを把握する
→添削頂いた経験から、答案を作成したので、参照ください。

(6)白書に目を通す
ものづくり白書、エネルギー白書、環境白書、高齢社会白書に目を通しましょう。特に「ものづくり白書」から出題されます。

1.技術士に求められる資質「コンピテンシー」おさらい

コンピテンシーのキーワード

(1) 専門的学識
(2) 問題解決
(3) マネジメント
(4) 評価
(5) コミュニケーション
(6) リーダーシップ
(7) 技術者倫理
(8) 継続研さん

(1)専門的学識
ご自身の専門技術だけではなく、法令社会自然条件に関する専門知識も含みます。

(2)問題解決
背景 → 課題 → 具体的解決策 → 効果 → リスクと対応策 これをセットで説明する事が必要です。

(3)マネジメント
人、モノ、時間、金を適切にコントロール(配分)する事です。

(4)評価
得られる成果やその波及効果を評価し,次段階や別の業務の改善に活かす事です。

(5)コミュニケーション
様々な立場の方の背景を理解した上で、それぞれが行動してくれるような意思疎通が必要です。

(6)リーダーシップ
指針を示すためにも、明確なゴールイメージを持ち、過程で多様な関係者の利害を調整する事が必要です。

(7)技術者倫理
技術士二次試験の申込書記載内容をそのまま暗記しましょう。このページの目次から5.(7)に飛んで下さい。

(8)継続研鑽
業務履行上必要な知見を深め,技術を修得し資質向上を図る事が必要です。

もっと「コンピテンシー」を詳細に確認したい方は、こちらの記事をお読みください。

(2)論文対策の基礎を押さえる

技術士二次試験は、受験申込書、筆記試験、口頭試験が有ります。

この中で「筆記試験」の合格率が低く、試験対策のキモになります。

筆記試験は、制限時間内に論文を9枚書きます。

まずは論文対策の基礎をこちらの記事で押さえてください。

技術士二次試験 初めての論文対策 【超基礎】 キーワードの暗記はNG! 問Ⅱ-1から始めましょう こんにちは。たけゆうです。 技術士二次試験で、論文対策、何から始めたら良いか分からない。 そんな悩みに答えます。 ...

(3)出題形式と対策を簡単に把握する

技術士の出題形式は、パターン化されています。

令和元年から問Ⅰが択一式→記述式に変わりましたが、令和2年は元年と同様でした。

まずはさらう程度で良いので、各問の対策記事をお読みください。

問Ⅰの対策はこちらの記事をお読みください。

技術士二次試験対策のコツ【勉強方法】 筆記試験 問Ⅰ 課題、解決策、リスクと対策、技術者倫理を解説 技術士二次試験の出題形式は、令和元年と2年と同じ傾向でした。 本記事では、傾向を分析し、実際の試験に備えようというもので...

問Ⅱの対策はこちらの記事をお読みください。

https://takeyuublog.com/ququestion2/

問Ⅲの対策はこちらの記事をお読みください。

技術士二次試験対策のコツ【筆記試験の勉強方法】 問題Ⅲ 課題、解決策、成果と波及効果、懸念事項と対応策について解説 技術士二次試験の出題形式は、令和元年と2年と同じ傾向でした。 本記事では、傾向を分析し、実際の試験に備えようというもので...

(4)キーワードを洗い出し、自分の製品と結びつける

①過去問を利用してキーワードを洗い出す

筆記試験の出題パターンをつかんだら、次は専門のキーワードです。

過去5年分の問Ⅰ~Ⅲを確認し、専門のキーワードを洗い出しましょう。

例として、問Ⅰ、問Ⅱ、問Ⅲの過去問から、キーワードを赤字で抜き出します。

作業としての難易度は高くないです。まずは5年分、余力があれば8年分くらい確保しましょう。

問Ⅰの過去問例

持続可能な社会実現に近年多くの関心が寄せられている。例えば、2015年に開催された国連サミットにおいては、2030年までの国際目標SDGs(持続可能な開発目標)が提唱されている。このような社会の状況を考慮して、以下の問いに答えよ。

(1)持続可能な社会実現のための機械機器・装置のものづくりに向けて、あなたの専門分野だけでなく機械技術全体を総括する立場で、多面的な観点から複数の課題を抽出し分析せよ。
(2)その中で最も重要な課題を1つ挙げ、複数の解決策を示せ。
(3)解決策に共通して新たに生じうるリスクとそれへの対策を述べよ。
(4)業務遂行において必要な要件を技術者倫理の観点から述べよ。

問Ⅱ-1の過去問例

低サイクル疲労破壊について、概要を述べたのち、破壊・損傷を防止するために取る強度設計上の方策について、具体的な例を挙げて説明せよ。

問Ⅱ-2の過去問例

機械構造物は長期間の稼働の後、各種の損傷により機能の損失や破壊に至る。


(1)具体的な機械構造物を想定し、損傷モードを挙げた上で、これに及ぼす材料力学的要因を多面的に述べよ。
(2) (1)の項目から最も重要と考える項目を挙げ、損傷を防止するための技術的提案を述べよ。
(3) (2)の技術的提案の効果と想定されるリスクを述べよ。

問Ⅲの過去問例

工業製品の信頼性が、予期せぬ変形や破壊によって損なわれ、不具合が生じることがある。この場合、原因を特定する必要があると同時に、同じ不具合が生じないようにするための対策も併せて必要になる。あなたが、不具合を対策する材料強度分野の責任者である。

(1)具体的な工業製品を1つ想定し、不具合の原因となる事象を系統的に細分化して、原因を特定する手法について多面的に述べよ。
(2)破壊により信頼性を損なう事例を1つ想定し、(1)で示した手法のうち1つを用いて、原因の特定と再発防止策を提案せよ。
(3) (2)で示した原因の特定と再発防止策について、技術的な限界を説明せよ。

参考として、機械部門、材料強度・信頼性分野のキーワードを列挙します。

問Ⅱに関連の強いキーワード

単純梁片持ち梁たわみとモーメント
片持ち梁たわみと応力
力学的挙動
最大主応力ミーゼスの相当応力
モールの応力円
応力集中、応力集中係数、応力緩和、応力集中の軽減方法
寸法効果
体積効果
ラーソンミラーパラメータ
脆性破壊
延性破壊
破壊靭性
高サイクル疲労
低サイクル疲労
疲労強度の因子
安全率
破壊力学
衝撃応力
J積分
真応力、真ひずみ、公称応力、公称ひずみ
SS曲線、ひずみ-応力線図
劣化
腐食
クリープ
座屈
飛び移り座屈
応力拡大係数
マイナー測
マンソンコフィン測
パリス測
残留応力
熱処理
熱処理
延性脆性遷移温度
材料強度を向上させるための表面処理方法、ショットピーニング、高周波焼入れ
ひずみ測定の技術、方法
材質劣化に関する検査方法
熱応力の軽減策
温度サイクル
フレッティング疲労
接触部を有する回転体
接合部
異種材組合せ
炭素繊維
破面解析
ヘルツ応力
Verification & Validation
機械設計
機能損失、定期検査、検査業務
機能損失損傷防止
強度関連の試験方法
非破壊検査方法
破壊検査方法
保守継続使用
海外調達、設計条件、品質管理
FEM解析、有限要素法
有限要素法

問Ⅲに関連の強いキーワード

小型化
軽量化
信頼性設計
局所破壊と大規模破壊
基本型から派生に対する強度設計
ライフサイクル
CAEの利用
失敗学
品質の不正
環境保全

②自分の製品と結びつける

過去に自分で設計や評価を行った製品をピックアップしましょう。

その製品をピックアップしたら、キーワードの説明が出来そうな製品を考えます。

具体的には、720字の業務経歴書を書く要領で、3パターン作成すると良いです。

業務経歴書の書き方は、別途記事を作成する予定です。

5)過去問を解いて論文練習する

どんな論文が合格点を得られるか、気になると思います。

それを知るために、プロの方から最低1回は添削を受けると良いと思います。

e-learningで隙間時間を節約し、質の高い教育なら、studyingがオススメです。

私はセミナーで受けた添削をもとに、自分の答案をブラッシュアップしました。

以下の通り答案をアップしたので、良ければ参考にしてください。

問Ⅰの答案はこちらです。
 技術士二次試験 機械部門 Ⅰ過去問 令和元年答案 SDGs

問Ⅱ-1の答案はこちらです。
 技術士二次試験 機械部門 力学的挙動の予測【過去問Ⅱ対策】
 技術士二次試験 機械部門 低サイクル疲労破壊【問Ⅱ対策】
 技術士二次試験 機械部門 安全係数(安全率)【過去問Ⅱ対策】
 

問Ⅱ-2の答案はこちらです。
 技術士二次試験 機械部門 残留応力【問Ⅱ対策】
 技術士二次試験 機械部門 表面/内部欠陥の発見と対策【過去問Ⅱ対策】
 技術士二次試験 機械部門 損傷の防止【過去問Ⅱ対策】

問Ⅲの答案はこちらです。
 技術士二次試験 機械部門 CAE解析と実機試験の差異【問Ⅲ回答案】

(6)白書に目を通す

大前提として、技術士試験は、国家から認定される資格です。

そのため、一企業で通用する知識・技術に留まらず、国家が提唱する方針に沿う必要が有ります。

敵を知って己を知れば、百選危うからず。

国家の考え方・方針を知る参考文献として、政府発行の白書が有ります。

技術士試験の主要なテーマに対する理解と、その対応策は、白書を読んだ上で進めましょう。

全部門に対して、ものづくり白書情報通信白書は役に立つと思います。

部門ごとに次の白書を読んでおくと良いと思います。

建設部門は、国土交通白書
農業部門は、食料・農業・農村白書
森林部門は、林業白書
水産部門は、水産白書
環境部門は、環境白書
原子力部門は、原子力白書

この段階で、「ものづくり白書」を読んでいない方、このページを閉じて白書を読みましょう。


参考のため、ものづくり白書2020年度版を解説しました。

概要を簡単に把握したい方は、ご一読ください。

経済産業省発行のものづくり白書を解説 2020年度版 技術士試験受験者のみならず製造業に携わる人必見 こんにちは。 たけゆうです。 本記事では、経済産業省が毎年発行している「ものづくり白書」を解説します。 ...


ABOUT ME
takeyuu
倹約投資家サラリーマンパパ33歳。ずっとニコニコ円満家庭が目標。 機械/電気で技術士一次試験合格。 機械で技術士二次試験不合格するも、合格を目指し情報発信中。 (令和2年の結果 問Ⅰ:A、問Ⅱ:C、問Ⅲ:A)