技術士二次試験 初めての論文対策【基礎】キーワードの練習を進めて記述力を上げる

この記事がおすすめな人

技術士二次試験を初めて受けようと思っている

技術士の過去問を見て、どう回答して良いか途方にくれている

筆記試験の対策を何から始めて良いか分からない人

技術士二次試験で、論文対策、何から始めたら良いか分からない。

そのように途方に暮れるのも無理は無いと思います。

実は私も技術士二次試験を受験する初年度は、どう論文を書いて良いか分かりませんでした。

原稿用紙3枚で記述するといっても、自由に書いて良いんですか?違いますよね…?

技術士の筆記試験を突破しようとしたら、以下の手順を踏む事が推奨されています。

  1. 答案の書き方について正しい情報を知る
  2. 自分が納得するまで書く
  3. 有識者からフィードバック(添削)を貰う
  4. 答案を修正し完成させる
  5. 練習を積み重ねる

この中で「①答案の書き方について正しい情報を知る」の前段に当たる説明を致します。

技術士二次試験を受験する方は「知識」が豊富だが、「記述力」が足りず、試験官に伝わらないようです。

そこで少しでも皆様の論文作成の助けとなるよう、「記述力UPの方法」を説明させて頂きました。

なお具体的に設問ⅠⅡⅢの対策が気になる方は、本記事ではなく以下を参照下さい。
問Ⅰの対策はこちら
問Ⅱの対策はこちら
問Ⅲの対策はこちら

結論

・二次試験を突破するためのスキルは、「知識」「経験」「記述力」

・「知識」と「記述力」を同時に高めるために「キーワード説明の練習」がお勧め

・最も簡単なⅡ-1からコツコツ、計画的に練習を進めよう

本記事では、studyingの講座にて説明頂いた内容をベースに、記事を作成しました。

無料体験でも、この内容を動画で更に詳しく聞けます。

この記事を書いた人

>技術士一次 機械/電気 合格
>技術士二次 令和2,3年度不合格
最高成績はⅠA、Ⅱ B、Ⅲ A判定
>技術士講座で試した講座は6社
>記事コンテストで銅賞獲得

Twitter公式アカウント>>
プロフィール詳細>>

ブロガー
たけゆう
目次

1. 二次試験を突破するためのスキル

(1) 二次試験の特徴

技術士二次試験を突破するためには、試験の特徴を知り、それに適した対策を行う事が重要です。

技術士二次試験の特徴として「記述問題」「制限時間がある」「業務経験が問われる」事が挙げられます。

そのため、二次試験突破のためのスキルは次の3つとなります。

  1. 知識
  2. 経験
  3. 記述力

これら3つのうち知識については、技術士一次試験を突破した方なら十分持っています。

そして経験については、技術士二次試験の受験資格がある方なら持ち得ています。

技術士二次試験の最大の関門とは、「知識」と「経験」を適切に伝える「記述力」を身に付ける事です。

例えば択一試験では正答できても、記述式になると書けなくなる経験はありませんか?

択一式なら自信を持って選べるのに、記述式になると手が止まるのはなぜ?

(2) 記述力の効果的な高め方

この記述式に対応するために、知識をアウトプットする練習を積む必要があります。

しかも実際の試験では字数制限があるので、論理的に的確に記述する必要があります。

アウトプットの練習を積むと言っても、試験に出ないテーマを、膨大な文字数で練習しては非効率的です。

そこで、専門知識を問うⅡ-1から抽出した「キーワード」を「200~300字」で概要説明する方法を勧めます。

・試験によくでるテーマを中心に学習する

・200~300文字程度の短い字数でまとめる

・試験に出ないテーマを学習する

・600文字以上でダラダラと記述する

技術士二次試験の知識問題Ⅱ-1では、600字で記述します。

そのためキーワードの概要説明だけで600字以上使う場面はありません。

スタディング講座でも200~300字程度でまとめる事を推奨しています

キーワードをまとめる練習をすれば、知識の習得と記述力向上を同時に狙う事ができます。

しかも200~300字と短いので、メモ帳に書いて隙間時間で書き上げる事ができます。

慣れてきたら「制限時間」を設けてみて、「何をどんな展開でまとめるか?」を考えるクセを付けましょう。

実際の筆記試験では、制限時間内に文章の構成まで考える必要があるからです。

(3) キーワードの練習を重ねる

実際にキーワードの記述練習をするに当たり、参考までに私のキーワード説明例を紹介します。

キーワード例1:破面解析
構造物の破面に残された痕跡を調査することで、破壊の機構や破損の原因を解析する手法。疲労破壊、脆性破壊、延性破壊、応力腐食割れ、水素割れ等、破壊原因を特定可能。更に破面観察から破壊の起点やき裂進展方向を推定し、部材にかかっていた負荷の状況や応力の状況が推定可能。例として、疲労破壊はストライエーションという縞模様の破断面となる。脆性破壊はへき開破壊、延性破壊はディンプルが観察される。

キーワード例2:低サイクル疲労
塑性変形を与えるような大きな繰り返し荷重を作用させた場合、10,000 回以下の繰り返し数で疲労破壊する現象を低サイクル疲労破壊という。疲労き裂先端の局所的領域では、応力集中のため降伏応力以上になる。その結果、塑性変形、ひずみ硬化、空孔の発生、連結、主き裂の成長の過程を経て、不連続的にき裂が成長する。

私は2021年度まで「自前」のキーワード集(30個程度)を作ってきました。

しかし力が及ばず、不合格を繰り返してしまいました。

その原因として、「キーワードの練習量が足りない」「時間内で記述する練習量が足りない」と考えます。

5月のゴールデンウイークでやっとキーワード集を作り始めましたが、間に合いませんでした…

その反省点を踏まえ、2022年度合格を目指し70個のキーワード練習を12月から始めています。

スタディング講座では、各部門で約200個のキーワードを、重要度ABC付きで配布しています。

※無料版でも40個掲載されています。

部門無料特典有料版
建設40264
機械40230
電気電子40239
農業40203
上下水道40198
衛生工学40204
経営工学40206
情報工学40199
環境40200
金属40207
スタディング技術士講座のキーワード集

参考までに、建設部門と機械部門のキーワードを、無料公開分から一部開示します。

【建設部門】
FL(=R/L)、ICT活用、ITS、N値、Terzaghi(テルツァーギ)の支持力公式、アカウンタビリティ・・・

【機械部門】
3R、CAE、CCDカメラ、FMEA、キャビテーション、ラピッドプロトタイピング、QCD、Tig溶接・・・

▼スタディング講座の使用感はこちらを参照下さい
コスパ最高。スタディング技術士講座の紹介>>

▼スタディング以外にもオススメの講座をこちらで紹介しました
【迷ったらコレ!】技術士試験(二次試験対策)のおすすめ通信講座>>

2. 論文を書く前の心構え

(1) 基礎から積み上げる

毎日論文を書いて、基礎力を積み上げましょう!

論文を書いて、「読解力」「作文力」「論理的な考え方の表現」を身に付けていきます。

技術士二次試験は、論文を書く(記述式)試験です。

これは、マーク式(択一式)とは異なり、自分で論述する力が求められます。

ここ質問ですが、技術士試験を受ける方は、どんな人が多いでしょうか?

技術士試験の受験者は、国公立大有名私立大学を卒業した人が大半。

しかし合格率は、毎年10~15%。

つまり大学受験の成功者が集まった中で、そこから上位10~15%をアピールする事が必要。

大学受験と同じように、キーワードをどんなに暗記しても、合格点には到達しません。

例えばこのように勉強をしても、技術士試験対策としては不十分と言えます。

キーワードをネット検索し、貼り付ける。
回答を覚える。
キーワードを覚える。

そうではなく、自分で論文を書く力が求められます。

キーワードをネット検索し、その情報をもとに自分でまとめる

既定の答案用紙内で、説明しきる。

キーワード集を、自分の言葉で、論理的に作る

やらなきゃいけないのは、地道に論文を書く。作文する。

自分の考え方を、読み手に伝わるように、論理的に書いていく。

アウトプット7、インプット3くらいで良いので、簡単な論文作成から始めましょう。

(2) 学習計画の重要性

論文対策で一夜漬けは通用しない

1~2か月先までスケジュールを書く

スケジュールを自分の目に付くところに置く。

エクセルでも構いません。

スケジュール帳でも構いません。

1~2か月先を書きましょう。

そして、スケジュールを自分の目に付くところに置きましょう。

論文対策で一夜漬けは通用しません。

計画的にインプットアウトプットを繰り返しましょう。

なお、技術士二次試験のスケジュールはこのような流れです。

技術士二次試験のスケジュール

(3) Ⅱ-1から始めよう

問Ⅱ-1 → 問Ⅱ-2 → 問Ⅲ → 問Ⅰ の順で対策しましょう。

問Ⅱ-1は過去問5年分を、1問残さず解きましょう。

問Ⅰは最も難度が高いです。

難しい論文から手を付けては、挫折する可能性も有ります。

まずは論文としてのハードルが低い、1枚論文(Ⅱ-1)から始めましょう。

Ⅱ-1 → Ⅱ-2 → Ⅲ → Ⅰの順です。

問Ⅱ-1ですが、過去5年分くらいは、1問残さずにやりましょう。

ここで専門分野に対する基礎知識を、築いていきます。

もし時間が無いなら、キーワードを全て説明できる自信を付けておきましょう。

回答を考えるとき、問題文が求めているものは何かを考えてください。

正答が何か分からなく、モチベーションを維持するのが難しいなら、添削を受ける事をお勧めします。

添削を受けるなら、質が高く料金も良心的なstudyingがオススメです。

(4) なるべく毎日。一夜漬けは避けよう

スポーツのトレーニングと同じで、繰り返し何度も練習が必要。

目標1:論文を最後まで書けるようにする
目標2:制限時間内に論文を書き上げるようにする

人によって生活のリズムが違うので、「これ」といった正解はありません。

1回、2回、回答を書いただけでは、回答時間は早くなりません。

スポーツのトレーニングと同じで、繰り返し何度も練習が必要です。

3.まとめ

本記事では初めての論文対策という事で、論文作成前の心構えとキーワード説明の重要性を説明しました。

もう一度、結論を記します。

結論

・二次試験を突破するためのスキルは、「知識」「経験」「記述力」

・「知識」と「記述力」を同時に高めるために「キーワード説明の練習」がお勧め

・最も簡単なⅡ-1からコツコツ、計画的に練習を進めよう

皆様にとって役立ち情報があれば幸いです。

当ブログでは技術士を目指す方へ、有益な情報を発信するよう努めて参ります。

以下の記事では検索上位を獲得していますので、僅かながらですがお役に立てるかもしれません。

続きとして推奨したい記事は、次の通りです。

技術士ってそもそも何?最初から教えて。
技術士試験勉強って何から始めれば良い?
問Ⅰの対策はこちら
問Ⅱの対策はこちら。
問Ⅲの対策はこちら

それでは、皆様の技術士試験、並びに技術者生活に良き事がありますように。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる