技術士

技術士とは 概要や難易度、メリットやデメリットについて

こんにちは。

たけゆうです。

皆さんは技術士という資格をご存じですか?

残念ながらマイナーな資格ですが、「弁護士」や「公認会計士」と肩を並べる高難度国家資格の一つです。

技術に携わるなら、技術士を目指さないと!と大学の先生に言われたものです。

そんなマイナー資格「技術士」について概要難易度メリットデメリットを紹介します。

こんな人に読んで貰いたい

技術士って何?概要が知りたい。

技術士を取るメリットデメリットを知りたい。

大学で工学部や農学部を専攻したけど、何か活かせるか知りたい。

結論

(1)技術士の概要と試験の難易度
技術系の国家資格で、公認会計士と同程度の高難易度

(2)技術士取得のメリットデメリット
資格自身の効力は限定的です。しかし試験勉強の過程でコンサル力が身に付きます。

~技術士資格取得はこんな人におすすめです~

・今より仕事力を上げたい
・他の人が持っていない難関資格を取りたい
・今まで学んだ専門技術で社会に貢献したい

(1)技術士の概要と試験の難易度

①どこが所管?独占業務はあるのか?

技術士とは、国から資格認定(文部科学省所管)された資格です。

残念ながら、他の仕業の資格と違い、目立った独占業務は有りません

TAKE.TECH

独占業務は無いですが、「特典」が有ります。

以下、日本技術士会のホームページから引用します。

技術士は、国家認定された高度の技術者として、次のような国の諸制度において有資格者と認められ、あるいは資格試験の一部又は全部を免除されています。

A 有資格者として認められているもの

① 建設業法の一般建設業及び特定建設業における営業所の専任技術者等
② 建設コンサルタント又は地質調査業者として登録する専任技術管理者
③ 公共下水道又は流域下水道の設計又は工事の監督管理を行う者
④ 鉄道事業法の鉄道事業における設計管理者
⑤ 中小企業支援法による中小企業・ベンチャ-総合支援事業派遣専門家

その他多数あり。

B 資格試験の一部又は全部を免除されているもの

① 廃棄物処理施設技術管理者
② 労働安全・衛生コンサルタント
③ 作業環境測定士
④ 一級施工管理技士(土木、電気工事、管工事、造園)
⑤ 土地区画整理士
⑥ 弁理士
⑦ 消防設備士
⑧ 気象予報士

引用元:日本技術士会HP

詳細は、日本技術士会の「技術士制度」をご参照ください。

長くなったので、かみ砕いて以下の通りまとめます。

技術士資格に「独占業務」(技術士を持っていないと出来ない業務)は無い。

しかし、国の制度において多く「有資格者」として認められる。

試験の一部や全部が免除される国家資格も多岐に渡る。

②技術士には何が求められるか

公益社団法人 日本技術士会のホームページに以下のように書かれています。

技術士制度とは

「科学技術に関する技術的専門知識と高等の応用能力及び豊富な実務経験を有し、公益を確保するため、高い技術者倫理を備えた優れた技術者」の育成を図るための、国による資格認定制度(文部科学省所管)です。

さらに、「技術士」は、「技術士法」により高い技術者倫理を備え、継続的な資質向上に努めることが責務となっています。

「技術士」は、産業経済、社会生活の科学技術に関する、ほぼ全ての分野(21の技術部門)をカバーし、先進的な活動から身近な生活にまで関わっています。

つまり、端的にまとめると・・・

・技術的専門知識・応用能力・豊富な実務経験を持つ

・技術者倫理を備え、継続的研鑽が責務

・分野は、機械、電気、建設、農業、化学、情報など21種

ということになります。なお、21種の分野は次の通りです。

大学の理系学部並みに、たくさんの分野が受けられるので、あなたに合う技術士部門も見つかると思います。

上の説明は少しかたいので、もう少しかみ砕いて書くとこんな感じです。

専門分野に対して、深い知識を持っていて、一定年数以上働いた経験がある。

それでもって、その高等な技術を悪用せず世の中の役に立つよう使う。

技術士を取った後も、継続的に学び続ける必要がある

そして、技術士を語る上で欠かせないのが、技術士に求められる「資質能力(コンピテンシー)」です。

 このたび、技術士に求められる資質能力(コンピテンシー)について、国際エンジニアリング連合(IEA)の「専門職としての知識・能力」(プロフェッショナル・コンピテンシー、PC)を踏まえながら、以下の通り、キーワードを挙げて示す。これらは、別の表現で言えば、技術士であれば最低限備えるべき資質能力である。

 技術士はこれらの資質能力をもとに、今後、業務履行上必要な知見を深め、技術を修得し資質向上を図るように、十分な継続研さん(CPD)を行うことが求められる。

文部科学省HP:https://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu7/attach/1413398.htm
Figure:TAKE.TECH

専門的学識、問題解決、など8項目あります。

「資質能力(コンピテンシー)」の詳細は、こちらをご覧ください。

技術士に求められる資質「コンピテンシー」って何?技術士試験対策の核心 こんにちは。たけゆうです。 みなさん、技術士の勉強は進んでいますか? まだまだこれからという人、「コンピテンシー」とは何?...

③技術士二次試験の難易度

令和元年度の受験者数と合格率はこの通りです。

引用元:日本技術士会ホームページ

分野ごとに差は有りますが、合格率は10%~15%と、かなり低めです。

技術士は、技術系国家資格で最高峰の試験と言われるだけあって、難易度も高いです。

弁護士や弁理士、公認会計士と並ぶ難関国家資格の一つとされているようです。

(2)技術士はどんな風に活躍しているか

では、そのような資質を備えた技術士はどのように活躍しているのでしょうか。

①製造業等、企業に属して働く
・能力を活かし、企業の中核的技術者になる
・若手の技術者を育成する

②独立、開業する
・技術コンサルタントとして開業する
・設計事務所を開業する
・コンサル力や技術力を活かして、youtubeやブログで情報発信する

③公務に就く
・公務員技術者として働く
・公務員の中途採用にて技術系職種に就く

④その他
・教育者、研究者として活躍する
・他の技術士と交流し、仕事や人脈の幅を広げる

多くの方は、そのまま企業に残り、機密性の高い専門技術職に就いているようです。

情報発信を積極的に行っている技術士の方は、少数派というイメージがあります。

(3)技術士のメリットデメリット

①メリットデメリット

メリット

・技術系国家資格で最難関であり、合格すれば高い能力を持つ証となる

・会社によっては資格支援制度を持っており、昇給や高評価につながる

・受験勉強する事が、質の高い自己研鑽になり、能力UPが見込める

デメリット

・医師や弁護士のように、「業務独占資格」ではない → つまり技術士の資格を持っていないと出来ないような仕事は無いです

知名度が低く、認知されないがゆえに、資格を取っても評価されない場合がある

・合格率が低く、簡単には合格できない

メリット詳細

①機械設置業許可など、技術士資格が必要な仕事がある(主に建設部門水道部門

②他の国家資格において、一部が試験免除となる

②技術士の受験勉強がなぜ仕事力UPにつながるか

技術士の受験勉強がなぜ仕事力のUPにつながるか、もう少し説明します。

技術士二次試験の筆記試験は、「論述形式」です。

限られた時間内に、600字の原稿用紙を一日で9枚書く試験です。

なので、「要点を押さえて」「端的に」「分かりやすく」説明する必要が有ります。

この論文作成の練習を積む事が、技術士試験対策の主眼になります。

皆さまも、仕事で報告書の作成やプレゼンの機会はありませんか?

きっと、限られた時間で、相手に的確に理解して頂く事が求められると思います。

技術士試験対策で、こういった力を磨くことが出来ます。

(4)まとめ

結論

(1)技術士の概要と試験の難易度
技術系の国家資格で、公認会計士と同程度の高難易度

(2)技術士取得のメリットデメリット
資格自身の効力は限定的です。しかし試験勉強の過程でコンサル力が身に付きます。

~技術士資格取得はこんな人におすすめです~

・今より仕事力を上げたい
・他の人が持っていない難関資格を取りたい
・今まで学んだ専門技術で社会に貢献したい

ここまで読んで頂きありがとうございます。

続きは、技術士受験動機についての記事をご確認下さい。

技術士 役に立つのか なぜ技術士を取ろうと思ったか 受験動機について こんにちは。 たけゆうです。 皆さんは技術士という資格をご存じですか? 技術士の概要はこちらの記事で紹介しま...